宝くじの「高額当せん者」だけが貰える本の内容とは?

宝くじに高額当せんした場合、銀行からもらえる本があることをご存知ですか?

 

本のタイトルは、「【その日】から読む本 突然の幸福に戸惑わないために」。宝くじに当せんしないと読めないとあって、その本の内容に興味を持つ方が非常に多いようです。

 

一体どんな本なのかとっても気になりますよね。そこで、今回は宝くじの高額当せん者だけがもらえる本の内容について詳しく調べてみました。

 

ドリームウェイ公式へ

 

宝くじでいくら以上当せんしたらもらえるの?

 

宝くじの高額当せん者だけが貰える本ですが、一体いくら以上の当せんをしたらもらえるのでしょうか?

 

具体的には「宝くじの1回の当せん金額が1,000万円を超えた人」に、直接みずほ銀行で行員さんから手渡されます。

 

対象の宝くじはジャンボ宝くじやロト6などです。また、サッカーくじの場合はやや本の内容が変わって、「高額な当せん金を手にした方へ その幸運を大きな幸運につなげるために」という本を貰うことが出来ます。

 

本はどこで手に入れることができるの?

 

こうした宝くじの高額当せん者を対象とした本は、残念ながら実際に自分で宝くじを高額当せんさせなければ手に入れることは出来ません。本の外部流出は厳しく管理されていて、たとえみずほ銀行の行員であっても気軽に閲覧することは出来ないのです。また、内容が素晴らしいため以前、出版社が一般に向けての出版の打診をしたそうですが、こちらも断られています。あくまでも高額当せん者のみが読むための本としての位置づけをされているんですね。

 

なお、当せん者がオークションに出品したこともあるようですが、過去には3〜4万円と高額な値がついています。高額当せんしないと読めないというだけあって、本の内容に興味を持っている方が多いようですね。

 

高額当せん者だけが貰える本の内容は?

 

本の内容ですが、目次が公表されていますので引用でご紹介いたします。

 

第一部「今すぐやっておきたいこと、やってはいけないこと」

 

1. 受け取った当せん金は、とりあえず安全な場所へ

 

  • 安全のため、当せん金は銀行等の口座へ
  • 絶対に必要でない限り、現金は持ち帰らない
  • 当せん証明書の発行を依頼しておく
  • グループ買いなら、メンバーの委任状が必要

 

2. これからのスケジュールを思い描いてみよう

 

  • 今後の大まかなスケジュールを立てる
  • 何かを決めるには、気持ちを落ち着かせてから
  • グループ買いなら、当面の「決まり」を作っておく

 

3. ちょっと待て、落ち着いてからでも遅くない

 

  • 後悔するような軽はずみな言動に注意する
  • 当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を
  • 自分の性格やクセを見つめなおそう
  • 時間は味方と心得よう

 

第二部「落ち着いてから考えること」

 

1. 当せん者にしかわからない悩み、知っておこう

 

  • ひとりでも人に話せば、うわさが広まるのは覚悟しよう
  • 神経質になりすぎていないかチェックを
  • 当せん金の使いみちを考えながら、気持ちの切り替えを
  • 興奮の後に訪れる不安は、以前の自分に戻るための通過点

 

2. だれに当せんしたことを知らせる(知らせた)か

 

  • 知らせる必要のある人を全てリストアップ
  • よく考えて、知らせる優先順位を決める
  • グループ買いの場合は、メンバー間で統一を

 

3. だれにお金を分与するか

 

  • 当せん金の分与者リストを作る
  • 贈与税について知っておく
  • 分与に関する言動・決定は慎重に

 

4. お金の使いみちを考えよう

 

  • 当せん金は、当面使うお金と残すお金に分ける
  • ローンや借金の返済を優先する
  • 残ったお金でしたいこと考え、その重要度を判断する
  • 決めた使いみちを、後で見なおす機会をもうける

 

5. 当せんして何が変わるか

 

  • 当せんで、自分そのものが変わることはない
  • 当せんしても自分は自分を心得よう
  • 当せんは、幸せになるための手段の一つだと思うこと

 

第三部「当面の使いみちが決まったら考えること」

 

1. 残ったお金をどうするか

 

  • 何のためにお金を残すかを考える
  • 住宅・教育・老後で必要なお金を考える
  • すでに決めた将来のお金の使いみちを、ここでもう一度チェック

 

2. 将来の目的に合わせて、お金を考える

 

  • 残したお金の合理的な運用法を考える
  • 運用におけるリスクとリターンを自分のはかりにかける
  • もしもの時のために遺言状を作る

 

3. 運用を始める前にチェックしておくこと

 

  • 運用法を決定する前に、専門家のアドバイスを
  • 最終決定は自分の責任で行う
  • 運用法は定期的に見なおす

 

(引用:【その日】から読む本-ウィキペディア

 

このように、本文は「今すぐやっておきたいこと、やってはいけないこと」「落ち着いてから考えること」「当面の使い道が決まったら考えること」の3部構成で書かれています。

 

また、本の内容はお金の専門家であるファイナンシャルプランナー、法律の専門家である弁護士、急に環境が変わったときの不安や戸惑いの対処法に詳しい臨床心理士などのプロの方の監修のもとに作成されています。

 

宝くじに思わぬ高額当せんをしてしまって不安と期待で揺らいでいるときにも迷わず正しい行動に移れるように、当せん直後から具体的な行動までを支える道しるべになってくれる本なのです。

 

第1部の「今すぐやっておきたいこと、やってはいけないこと」では、気分が高揚していて気づかず失敗してしまいがちな当せん金の受け取り方法や、当せん金をすぐにぱっと使ってしまわず落ち着いて計画を立てること、後悔をしないように軽はずみに人に言わない事などが諭されています。「知らなかったがために失敗した」という事を防ぐためにも、まず最初に必ず目を通しておきたい見出しばかりですね。

 

第2部の「落ち着いてから考えること」では、さらに当せん金受け取り後のメンタルの保ち方にフォーカスを当てて書かれています。

 

私たちは普段宝くじを購入するとき、当たったらどうしたいか、というメリットの面ばかりを想像していますが、宝くじに当たったことによるデメリットや悩みもあることを具体的にここで教えてくれています。また、大金を手にしてしまった後の気持ちの切り替え方や、自分に対する認識の変化を説明してくれることで、高額な当せん金を手にしても冷静になって健全な生活を歩み続けるためのサポートをしてくれる内容となっています。

 

第3部の「当面の使い道が決まったら考えること」は、第1部と第2部の内容がきちんと自分の中に落とし込めたら進みたいステップです。お金の使い方・残し方・運用方法など、無駄な税金で損をせず確実に自分の幸福のために活用するための具体的なアドバイスが書かれています。

 

特に高額な税金のことやお金の運用方法などは、今まで大金を持ったことのない方には縁のなかった内容ばかりですし、独学で勉強しようと思っても難しく不安に感じてしまわれるでしょう。この本を活用することで、初めての大金に戸惑う方でも順を追って手続きがとれるようになっています。

 

当せん金の受け取り直後から具体的に行動するまでを段階ごとに書いてくれているので、もし思わぬ大金にどうしたらいいのかわからなくなっても安心できますね。もし本を貰うことがあれば、ぜひしっかりと活用して正しくお金を生活に活かしていってほしいと思います。

 

さいごに

 

宝くじで大金を手にしても、そのお金をうまく扱えず生活が崩壊してしまったり、事件に巻き込まれてしまったり、人間関係が悪化したり……といったニュースも悲しいことに時々目にします。そのため、「宝くじなんて買ってもどうせお金では幸せにはなれない」と、宝くじを買うこと自体を控えている方もいるかもしれません。

 

しかし、そうならないためにも、こうして宝くじに高額当せんした際にはお金の正しい使い方を教えてくれる本を貰うことが出来ます。これがあれば、宝くじの当せん金を使って人生をより豊かで、明るいものへと変えていくことだって十分に出来るのです。

 

「万一、予想以上に高額の当せん金を手にしてしまったら……」と必要以上に怖がらずに、ぜひ宝くじに挑戦してみましょう。もしかしたら、あなたがこの本を手にする日が近い将来訪れるかもしれません。

 

ドリームウェイ公式へ